個性際立つ、黄金の日本酒

まるでシャルドネ、日本酒の新領域。異色の純米酒「愛米魅 I MY ME(アイマイミー)」

詳しく見る購入ページ

古代米とは何か?

現代、わたしたちが食べているお米は大半が明治時代以降に生まれたものであることをご存知でしょうか?
食米も酒米も、作付しやすく、造りやすくと品種改良の歴史を辿っています。
一方、いわゆる古代米(赤米、黒米、緑米など)は、紀元前から存在するにもかかわらず、「美味しくない」「作りにくい」などの理由から、白米にその主役の座を譲ってきました。

古代米とは何か?
古代米のポテンシャルを引出す。

古代米のポテンシャルを引出す。

品種改良の歴史を辿った現代のお米は、いわば「人間」が主役でした。

しかし、縄文・弥生時代から存在してきた「お米」も主役にできるのではないか。

そんな想いから、古代米100%で醸す日本酒という発想が生まれました。

酒造好適米(酒米)を使った既存の醸造方法とは異なる新たな商品開発に挑戦し始めたのが10年以上前です。

試行錯誤10年余、新ジャンルのお酒。

造り始めて数年は苦戦の連続でした。古代米特有のクセが酒質に与える影響が大きく、飲みやすさを追究できなかったからです。
試行錯誤の末、古代米の緑米の特徴を活かすことで、甘みと酸味のバランスの取れた新感覚の純米酒が誕生しました。

試行錯誤10年余、新ジャンルのお酒。

お客様の声

  • 「女子会とか、パーティで友達と一緒に飲みたい。」

    20代女性
  • 「普段日本酒は飲まないのですが、これは好きです。」

    20代女性
  • 「これが日本酒っていうのが信じられません(笑)。実にユニーク。」

    40代男性
  • 「肉料理などご飯と一緒に合わせて飲みたいお酒です。」

    20代女性
  • 「普段ワインを飲んでいるので、私にはピッタリだと思いました!」

    30代女性
日本初、古代米100%純米酒。

日本初、古代米100%純米酒。

愛米魅 I MY ME(アイマイミー)は、酒造り専用のお米(酒造好適米)を使用しない「赤米」と「緑米」だけを使った日本初の純米酒です。
見た目、味わい、香り、全てが新感覚のお酒です。
甘酸っぱい味わいとフルーティーな香りは、従来の日本酒のイメージを覆すことになるでしょう。
未体験の感動を、ぜひご家族・ご友人と一緒に味わってください。

驚きの日本酒をあなたに。

「普通の日本酒では物足りない。」

そう感じる方には特に飲んでほしいと思います。甘酸っぱい味わいとフルーティーな香りの『愛米魅(I MY ME)』は、従来の日本酒のイメージを覆すことになるでしょう。

購入ページへ