アルコール66%販売開始しました。


新型コロナウイルス感染症の発生に伴う高濃度エタノール製品の使用について、酒蔵向けに厚生労働省および国税庁から正式に通知があり、当蔵でも高濃度エタノール製品のご提供が可能となりました。

飲用可能な、原料アルコール66%です。

(注)弊社取引先でもお取り扱いいただいておりますので、お近くの酒販店様にお問い合わせいただくか、ご不明な場合は弊社にお問い合わせください(平日営業時間8:00-17:00)。

高濃度で飲用可能な「お酒」となりますので、純正なアルコールとして、チューハイ加工等にはもちろん、果肉の漬け込み等にも利用できます。

本製品は、医薬品や医薬部外品ではありませんが、消毒用エタノールの代替品として、手指消毒に使用することが可能です。
また、飲用可能であるため、万が一口に入ったとしても安心して利用できます。

弊社オンラインショップからもお買い求め頂けます。→ こちら

※厚生労働省より、新型コロナウイルスに対し60vol%台のエタノールによる消毒にも一定の有効性があると考えられるとの見解が示されております。→ こちら

■よくあるご質問

【殺菌剤としての次亜塩素酸水やジェル等との違いは?】
本商品は、グリセリン等の入った不可飲処置を経たものと異なり、飲用可能である純粋なアルコールであるため、万が一口に入ったとしても、安心して使用することができます

【ジェルタイプアルコールとの違いは?】
本商品は、ジェルタイプと異なり、純粋な液体として「噴霧することが可能」なアルコールです。
医療機関様をはじめ、噴霧可能なため幅広い用途にお使いいただけます。
また、噴霧が困難な環境や細部に至る消毒には、キッチンペーパー等に浸して染み込ませた状態で拭くという方法が最適です。

【80%弱のタイプとの違いは?】
本商品は、80%弱のタイプと比べると揮発性が弱いため、手指等に吹きかけてからの擦り込み・揉み込みが十分に可能です。
さらに、同様の理由から、キッチンペーパー類に浸して拭く用途としても最適です。
殺菌力に関しては、上記の厚生労働省の見解にある通り十分ございます。

【保存方法は?危険物対象になる?】
本商品は、常温保存可能で賞味期限もありません
また、容量%でアルコール度数66%であるため、危険物には該当しません
念のため、火気に十分注意頂き保管してください。
※アルコール度数が68%以上のものは、消防法上「危険物扱い」となるため管理上の注意が必要となります。

【飲用可能と飲用不可の違いは?】
本商品は「お酒」のカテゴリであり、飲用可能です。(そのため、酒税が含まれています)
飲用不可のアルコール製剤は、不可飲処置が施されており、純粋なエタノール以外にも様々な化学成分等が含まれております。(そのため、酒税課税の対象から外れています)

アルコール66%販売開始しました。” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。