酒造哲学

自由闊達なる酒造りを行い、
世の中に驚きと感動を与える

1. 自由闊達なる酒造り

1-1. 「守・破・離」を志向した創造的醸造(人)

当蔵の酒造りの特徴。それは、その「表現幅」と「自由度」です。
「守・破・離」を志向した醸造スタイルで、自由闊達なる酒造りを行います。

守:伝統を守り、地酒文化を尊重したクラシックな酒造りを志向します。
破:当蔵の個性を育て、時代と呼応したモダンな酒造りを志向します。
離:新領域に挑戦し、未来へ向けたイノベーティブな酒造りを志向します。

守(Classic):
歴史文化を敬い、先人の技術と伝統の味を守るクラシックな酒造り

◆若盛シリーズ
永らく地域に愛され、祭事や冠婚葬祭、地域社会とともに歴史を紡いできた日常酒シリーズ。

◆焼酎シリーズ
昔ながらの製法「せいろ蒸留」による粕取り焼酎等、日本酒蔵ならではの粕取・米焼酎シリーズ。

破(Modern):
受け継ぐ技術を基に現代と呼応し、当蔵の個性を育て発揮するモダンな酒造り

◆門外不出シリーズ
銘柄の由来は「地産地消の栃木の地酒」。現在も9割以上が栃木県内で消費されている。
現代の多様な嗜好と食事に合った食中酒をコンセプトにしています。

◆西堀シリーズ
原料米や精米歩合、酵母など、原料にこだわり、「しっかりした」「旨味ある」当蔵らしい濃醇旨口タイプのシリーズです。

◆西堀 Pensées(パンセ)シリーズ
それぞれに設定された哲学的テーマの解釈をもとに、酒質設計を行い、逆算して原料や製法を決めていく「コンセプトファースト醸造」を行います。
当蔵の醸造技術の叡智と毎年の挑戦が融合したシリーズです。

離(Epoch-Making, Innovative):
後世に向けて先駆的に新領野を切り拓く、創造的かつ革新的なイノベーティブな酒造り

◆愛米魅(アイマイミー)シリーズ
古代米100%の純米酒を軸とし、日本酒の可能性に挑戦した新領域のシリーズ。

◆CLEAR BREW(クリアブリュー)シリーズ
業界初の「透明タンク」による実験的かつ前衛的な醸造酒シリーズ。

◆伝宝石囲(でんぽういしがこい)シリーズ
1本単位で長期二段熟成を実現したヴィンテージ日本酒シリーズ。

1-2. 濃醇旨口・味のインパクトを実現する仕込水(水)

当蔵では酒質の最大構成要素である仕込水をとても重要視しています。
その地域に根ざした酒蔵は、その土地固有の水で酒造りを行います。
全国津々浦々の酒蔵が、これほどまでに多種多様な酒造りを行っている大きな理由はまさにここにあります。

当蔵の位置する栃木県小山市は、渡良瀬水系に位置します。
酒造りの隆盛を誇った明治期には、この近辺の地域はその水質から「関東の灘」とも称され、銘醸地として栄えました。
当蔵の井戸から湧き出る水は、酒造に適した良質な日光山系の伏流水です。

この水質が蔵の酒質の方向性を握っていると言っても過言ではありません。
当蔵で汲み上げた中硬水は、磁気処理により活性化させるだけでなく、さらに0.2ミクロンまで濾過して不純物を取り除くことにより、繊細できめ細やか、かつ発酵に適した仕込み水に仕上げます。

これにより、当蔵の酒は米の旨味をしっかりと引き出し味のある「濃醇」タイプとなります。
当蔵の酒は、味にインパクトを感じるため、味の濃い料理にも負けません。
特に肉料理や洋食との相性が良く、味の濃さに負けない旨味で食中酒として好評いただいています。

1-3. 日本各地の優良な酒米(原料米)

当蔵は、酒造りのプロとして、全国の米作りのプロの方々が育てた優良な酒米を、最大限活かし醸造することを目指します。
当蔵の創造的醸造を支えるのは、日本全国の酒米と仕込水、醸造技術が奏でる化学反応です。

酒造りを通じて、日本の稲作、田園風景を守ること。
日本全国の優良な酒米と当蔵の仕込水との出会いが奏でる、唯一無二の化学反応は造り手の醍醐味です。
当蔵の「西堀」ブランドは、全国の優良な酒米を最大限活かし、米の旨味を引き出した個性的な味わいのシリーズです。

2. 世の中に驚きと感動を与える

2-1. 世の中を面白く豊かにする

当蔵は、我々の創造的醸造と様々な挑戦・取り組みを通して、世の中に驚き・インパクトを与えることを目指します。

クラウドファンディングを通じて生まれた「愛米魅(アイマイミー)」や、業界初のクリアタンク醸造酒「CLEAR BREW」等、新領域への挑戦や様々なオリジナルイベント企画は、世の中をもっと面白く豊かにしたいという想いが基にあります。

「日本酒」という嗜好品を造る醸造者として、世の中に彩りを与えられるよう今後も創造と挑戦を続けていきます。

2-2. 地域社会の発展に貢献する

当蔵の創業以来の支えの核は、地元の皆様です。
老舗企業として140年以上酒造業を続けてこられたのは、地元の方々の支えがあってこそといえます。
現在も、県内流通が9割以上の、地酒を主体とした酒蔵です。

当蔵の「門外不出」ブランドは、地産地消がコンセプトの栃木の地酒です。
「地元の人に、地元の食にあったお酒を」という想いでスタートしました。
地酒「若盛(わかざかり)」とあわせて、当蔵の代表銘柄になっております。
内陸県である「栃木県」の郷土料理は、醤油や味噌で味付けした山菜や川魚、肉料理など、しっかりした味付けの料理が中心です。
当蔵の濃醇タイプの酒造りは、この地元料理と共に嗜むことを見据えています。

毎年開催する「若盛祭(わかざかりまつり)」という蔵開きイベントでは、地元の企業様・個人様に多数出店・出演して頂き、毎回多数の方々にお世話になっております。
地域社会と共に歩み、報恩感謝を忘れること無く、酒造りを続けていきたいと思います。

2-3. 日本酒文化を継承し発展させる

日本の伝統産業である我々酒蔵には、「過去−現在−未来」の時間軸を見据える使命があると自負しております。

・1000年来の先人達の努力の結晶を継承し、守るべきは守る。(過去)
・時代や環境の変化を是と捉え、時代に合わせた新たな創意工夫と価値創造を積極的に行う。(現在)
・日本酒文化の発展に向け、次世代に受け継ぐべく発信と普及に努める。(未来)

特に、現代においてどれだけ創意工夫と挑戦ができるかを重視しています。
なぜなら、我々が今恩恵を受けている技術は、先人達の試行錯誤の歴史の上にあるからです。

この歴史的時間軸を念頭に置いた「自由闊達なる酒造り」で日本酒文化を継承・発展させていきたいと思います。