こだわりの日本酒を造り続けてお陰様で146年目

確かな品質・技術力

当蔵は、国内外で複数受賞の確かな酒造技術を基に、新たな酒造りへ挑戦し続けます。→受賞歴へ
最高齢プロフェッショナルの教え(徳間文庫)に登場する故・継枝杜氏の技術を土台とする伝統的な製法から、常識に囚われない革新的な製法まで、美味しさとともに驚きと感動を届ける「自由闊達なる酒造り」を目指します。→酒造哲学へ

歴史とともに醸す

明治5年(1872年)創業の当蔵の仕込蔵は、江戸末期に建てられたものです。→酒蔵の沿革へ
代々醸してきた酒蔵に棲む、蔵付き酵母の力を借りて現在も日本酒を醸しています。
敷地内の建造物は国登録有形文化財にも指定されており、酒蔵見学や観光に毎年多くの方がいらっしゃいます。→酒蔵見学へ

日本酒文化の発信

私たち酒蔵は、國酒の日本酒を守り、後世に向けて酒文化を伝えていく責任があります。
当蔵では、酒造りの世界をより多くの人に身近に感じて頂けるよう、各種試飲会やイベントに多数参加しております。
毎年恒例の蔵開きイベントは、20年以上にわたって開催しております。→最新ニュースへ

無料会員登録はこちら

・会員登録は無料です。
・お得なキャンペーン情報や新商品、蔵開きイベントなどの各種情報をいち早くお届けします。

※個人情報取扱いの詳細はオンラインショップ内「プライバシーポリシー」をご覧ください。


    ※送信後、登録完了メールが届いていることをご確認ください(入力いただいたアドレスが正しいことをご確認下さい)

    最新ニュース

    イベントやお知らせなどの最新情報です。

    特別限定中取り

    〈R3BY特別限定品〉バランスの良い”中取り”部分を集めた限定品をどうぞ

    R3BY特別限定品「真ん中取り」 日光連山の自然伏流水仕込み。 香味のバランスが良い”中取り”部分のみを瓶詰 […]

    令和3酒造年度 全国新酒鑑評会入賞酒

    令和3酒造年度 全国新酒鑑評会にて当蔵の「若盛 門外不出」が入賞いたしました。

    2022年5月25日「令和3酒造年度 全国新酒鑑評会」の審査結果が発表され、 おかげさまで、当蔵の銘柄「若盛 […]

    香港TTSA2022で金賞&銀賞を受賞いたしました!

    香港における日本酒コンテスト、TTSA(Tasting Trendies Sake Awards)2022の […]

    最新情報をチェックする

    国登録有形文化財の酒蔵見学はこちらから

    酒蔵見学のご予約はこちらからお問い合わせください。

    360°パノラマで、西堀酒造のオンライン見学ができます。

    動画紹介

    当蔵の紹介や取り組み、商品などの動画です。

    プロジェクト紹介

    クラウドファンディング等のプロジェクト情報です。

    Project No.1

    Project No.2

    Project No.3

    記憶に残る味。

    当蔵のお酒は、「味のあるお酒」です。しっかりと米の旨味を感じる「濃醇旨口」タイプとなっています。これは、麹米と掛米の比率に秘密があります。

    「一度飲んだら忘れられない味」を

    西堀酒造の日本酒は、「一度飲んだら忘れられない味」をコンセプトに酒造りを行っており、味がしっかりしていることが特徴です。

    たとえば、麹米の比率を業界平均よりも高くして造っているため、濃度の高い贅沢な造りをしています。

    「門外不出」は、西堀酒造の代表銘柄です。
    栃木県内で9割以上の消費が完結しており、県外への流通がほとんどありません。地産地消の地酒です。
    酒造歴60年の南部杜氏、継枝氏直伝の製法を受け継ぎ、伝統の味を守り続けています。

    「西堀工房」は、地酒というコンセプトを外した、革新のお酒です。
    時代の嗜好に合ったお酒を、西堀酒造ならではの特徴を活かして醸します。
    都内の試飲会や各地イベントでは毎度好評の人気銘柄です。

    栃木の地酒

    西堀酒造は、栃木の地酒として永らく日本酒を造ってきました。大量生産により品質を犠牲にすることを避け、身近な目の前の人のため実直に酒造りするよう心がけています。数世代にわたるお客様達の支えあってこそ、我々は今年も日本酒を醸すことができております。

    地域に根ざした栃木の地酒

    明治5年の創業以来、変わらぬ手造りの心を大切に守り続けてきました。

    日光連山より湧き出る天然伏流水と最高の酒造米を使用し、丹念に酒造りをしています。

    技術革新甚だしい21世紀現在も、創業以来現存する酒蔵で日本酒を造っており、
    独自の蔵付き酵母の力を借りて日本酒を醸しています。

    国登録有形文化財の指定がある建物を保持しつつ、後世に日本酒文化を伝えていくことを目指します。