クリアタンク醸造が正式に日本初となりました!【特許第6523366号】


先日、令和元年5月10日、当蔵のクリアタンク醸造が正式に特許登録となりました!

当蔵では2016年の導入以来、3期にわたってクリアタンクの特性を活かした日本酒造りを行ってまいりました。

構想と実践はやはり別物で、設計から試行錯誤含めて様々なハードルがありました。
現在、当社の蔵に鎮座しているアクリル製のクリアタンクは、規模、材質ともに日本酒業界で唯一のオーダーメイドのタンクになります。

今回、当蔵の「クリアタンク醸造」が正式に発明として特許登録となりました。

発明の名称:透過性素材を用いた醸造装置
特許:第6523366号

「クリアタンク醸造」では、側面を含めた3次元方向からの観察によって発酵の負荷を軽減し、自然発酵を優先することができます。

実際に醸造をしてみると分かりますが、発酵日数や精米歩合、酵母の種類などのスペックによって、泡の大きさや対流の度合い、動きの幅が大きく変化します。

この動的な変化に対し、醪(もろみ)の3次元情報をもとに適切に対処することで、生物本来の自然な動きを優先することができます。

自然発酵に逆らわず、醪(もろみ)の動向を外部から見守りながら温度管理と櫂入れを調整する「クリアタンク醸造酒」は、繊細で優しく、優雅な味わいのお酒に仕上がります。

2018年のIWC(International Wine Challenge)にて、透明タンク醸造酒(クリア・ブリュー)が大会推奨賞(Commended)を受賞しています。

純米大吟醸の透明タンク醸造酒「CLEAR BREW(クリア・ブリュー)」シリーズは、一部の酒販店様または、お取扱店がお近くに無い方はオンラインショップからもお買い求め頂けます。

オンラインショップはこちら

発酵中の醪の様子を生でご覧になりたい方は、ぜひ醸造シーズンの10月~3月の時期に蔵見学や各種イベントにいらして下さい。